« 秋の風景 (2010ボストン帰省④) | トップページ | ナンタケット島の思い出 (2010ボストン帰省⑥) »

2010年10月 4日 (月)

ナンタケット島 (2010ボストン帰省⑤)

Img_6293
アメリカの実家に滞在中、ママさんを連れて近場に1泊旅行するのが恒例行事になっています。
ハイウェイで1時間のケープコッドは、
欧米からセレブが集まってくる高級リゾート地です。

ケネディ大統領の別荘があることで有名な、ケープコッドのハイアニスまで車で行き、
高速フェリーに乗って約1時間。
ナンタケット島に到着です。
昨年行った、マーサズ・ヴィニヤード島と並んでこの島も人気リゾート地。

Img_6313
おとぎの国のような華やかなマーサズ・ヴィニヤード島とは対照的。
灰色のうろこに覆われた古い住居ばかりが並び、別名「グレイ・レディ」と呼ばれています。
Img_6300
石畳の道路が続く町並みは、とても情緒があります。

ナンタケットは、メルヴィルの白鯨という小説の舞台で有名で、アメリカ人なら誰でも知っているそうです。(私は知らなんだ、ま、日本人だしネ)
日本なら、夏目漱石の坊ちゃんとかでしょうか?
昔、捕鯨で栄えた島ですが、今はナンタケットバスケットで有名なので、ご存知の方も多いかと思います。
バスケット界のエルメスと言われ、超~超~高級なバスケットbagです。
Img_6412
Img_6418
お店のショーケース。
右の大きい方が普通に持ち歩くくらいのサイズで、約25万円。
小さい方も18万円くらい。
こんなの安い方なんです。
高いものはケタが変わりますから~wobbly

象牙や鯨骨の装飾がついた30万くらいの素敵なバスケットを見ていたら、
短パンでサンダル履きの欧米人女性が、
「これ素敵ね、買うわ!」
と即お買い上げshock

P1090510
バスケットミュージアムには、見事な装飾が施された素敵な作品が展示されています。
値段をつけるとしたら、家が買えるとか買えないとか。

もともと捕鯨船で男たちが鯨の油を入れるカゴを作ったのが始まり。
捕鯨といえば、鯨の形のチョコレートがあると聞いていたので、チョコレート専門店に買いに行きました。
Img_6346_4
P1090531
姪っ子のお土産にfish

Img_6299_3   
石畳が続く静かな島でした。
このガタガタ道こそ情緒があるのですが、ママさんには歩きにくいと不評でしたcoldsweats01

華やかなマーサズ・ヴィニヤードよりも、この島の方が落ち着いていて好きだというリチャードくん。
今度は自転車で周りたいなあ、と。
80過ぎのママさんと一緒ですから、今回はゆったりのんびり。

マーサズ・ヴィニヤードとナンタケットの2つの島を結ぶフェリーもありますship
どちらも訪れたのは9月。
ハイシーズンが過ぎ、観光客が減ってゆっくり周れる一番いい時期だそう。

次回、もう少しこの島をご紹介したいと思います。


昨年、マーサズ・ヴィニヤードに行った時のブログ→★★★



ウィリアムズソノマ 木の実型&どんぐり型ご予約について→

*10月のお菓子教室日程→
*11月のお菓子教室日程→



ル・シュクルお菓子教室(神奈川県川崎市麻生区)
le-sucre@hotmail.co.jp
(プロフィール欄からはnifty宛に送信できます)

|

« 秋の風景 (2010ボストン帰省④) | トップページ | ナンタケット島の思い出 (2010ボストン帰省⑥) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 秋の風景 (2010ボストン帰省④) | トップページ | ナンタケット島の思い出 (2010ボストン帰省⑥) »